トップページ

    このサイトでは車の出張査定をしてくれるおすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「車の出張査定をしてくれるおすすめの車買取業者はどこ?」ということが気になっている場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者を利用してみてください。

    自動車の買取査定であなたの車の高額査定を実現するために大切なことは、「いくつかの車買取業者に買取査定の依頼をして高く売却できる業者を見付けること」です。
    手間がかかるという理由で1つの店舗だけに買取査定をお願いしたり、近くのディーラーで下取りをしてもらったりというのは楽な反面、買取業者の間で査定額が競り上がらないので間違いなく損をします。

    自動車買取の一括査定サービスであれば、入力も数分で終わるくらい簡単ですし、実車査定時の出張査定も無料です。しかも、複数の車買取業者が提示してくれる査定額を比べることができるので、あなたの車を高く買い取ってくれる業者が見つかります。

    出張査定を利用すれば、時間もガソリンも走行距離も節約できますよね?いくつかの買取専門店に出張査定を依頼して、あなたの愛車を1円でも高く売りましょう。
    カーセンサー

     カーセンサーは、大手企業のリクルートが運営する中古車の相場が比較できる一括査定サービス。中古車といえばカーセンサーという人もいるくらい知名度抜群なので安心感も抜群です。
    提携業者も1000社以上とダントツ№1!最大で50社に車の査定依頼をすることができます。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼するといつくかの車買取業者から営業電話があることもあるのですが、カーセンサーの場合はメール連絡を選択すれば電話がかかってこないので安心です。
    勿論、地方でも出張査定に対応していて無料です。

    「できるだけ車を高く売りたいから買取相場を知りたいけど、営業電話は受けたくない…」ということならメール連絡で査定額を提示してくれるカーセンサーが一番オススメ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力完了と同時にあなたが乗っている車の買取相場が分かる上に、個人情報が他社に渡らないので、電話連絡はユーカーパックからの電話1本のみという今までにない新しいサービス。

    最大2000社の車買取業者がオークションで概算価格を入札するので、数年落ちの中古車でも高く売れる買取業者が見つけられます。

    昔からある車査定の一括サイトなら、申し込むと複数の会社から電話で連絡があるのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックを使えば電話がかかってくるのは1本だけなので、電話の嵐に対応する必要もありませんし、しつこいセールスを受けることもありません。
    出張査定も無料で実車査定はガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    電話も査定も1回のみで約2000社の車買取業者がオークション形式で買取価格を提示してくれる今話題の新サービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国での利用者数が一番多い車査定一括サイト。たった45秒あれば入力が完了しますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の概算買取相場が表示されるので、「今自分が乗っている車の買取相場ってどれくらい?」と感じているならおすすめです。

    申し込みをした後はいくつかの会社から電話がかかってきますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査をクリアした厳選された業者だけが登録しているので、強引な営業をされることはありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社だけで即決せずに、複数社に出張査定をしてもらうことで中古車の高価査定が可能になります。

    最大10業者が中古車の査定額を出してくれるので、一番高い金額を提示してくれた買取店にあなたの愛車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグに中古車の査定相場が分かる数少ない一括査定サイトの一つ。
    提携業者も約220社と多く、その中から最大で10社があなたが愛用した車を査定します。

    いくつもの車買取業者に査定してもらうことで買取業者ごとの査定額を比較することが可能になるので、いつくかの車買取業者に出張査定をお願いして長年大切にしてきた自動車を1円でも高く売りましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、カスタマーサポートも対応してくれますので安心して利用することができます。






    楽天オート

     楽天オートは、その名前の通り楽天グループが運営している車買取の一括査定サイト。
    車の買取査定の申し込みをするだけで楽天5ポイント、出張査定をしてもらって売却が決まったらさらに1500ポイントが付与されるので楽天ユーザーには嬉しいサービスになっています。

    長年愛用してきた車を高額買取してもらって、しかも楽天ポイントが貰えるというのは嬉しいところ。
    提携先会社は100社以上と他の買取業者と比較すると少ないですが、最大10社が中古車の査定金額を提示してくれますので、気になる買取専門店に出張査定を依頼してあなたの愛車を1円でも高く売りましょう。

    公式サイトではデーラーの下取り価格と一括査定を利用した時の価格の違いが分かりやすく表示されているので、気になる場合はチェックしてみてください。







    手持ちの車を売りに出したいと考えついたときにすると良い行動のひとつに、中古車の無料一括査定サイトを使うことが選択肢としては有効です。

    たくさんの業者の査定額を比較できますから、あっちこっちの店舗に出向いて査定してもらわなくても高値で取り引きしてくれる会社を見つけ出すことが出来るのも良い点ですが、さらには自分が持っている車の価値が今の段階で大体どのくらいあるのかが分かります。

    知っておいた方が良いこととして、車の買取市場において言えることは、中規模や個人経営のような小規模な店舗と、大企業では査定スタンスが少々違ってきます。

    資金力が豊富な大手の買取業者は、自前の販売ルートを通して売ることも多いですから、車を躊躇せずに買い取っていきます。

    買い取りは積極的なのですが、価格は社内基準に則った範囲でしか決定出来ず、自分で金額の交渉をしようにも最初からその幅がないのが本当のところです。

    反対に小規模の買取業者などは一車種ごとに競りで販売することが主ですから、その車を査定した従業員の判断に任される部分が大きいので、これはイケるだろうと思ってもらえれば一般的な相場の金額よりも高く評価してもらえる場合もあるでしょう。

    所有する中古車を買取りしてもらおうと思って店舗に行くと、ゼロ円査定になってしまうこともあるでしょう。

    例えば、走行距離が10万kmを越えている「過走行」の車だったりする場合や、大きな事故を起こして修理したことがある車などは買い取り金額がつかない可能性が出てくるのです。

    何社か買い取りを依頼してもどの業者でも査定金額が出ない場合でも、一般的な買い取りではなくて廃車専門の買取業者へ買取をお願いする事ができますので、落胆して売却を止めてしまう必要もないということです。

    車を買ったディーラーで下取りをしてもらうのであれば、今までの車に乗ったまま次の車が納入するまで過ごすことができます。

    一方、ディーラー下取りではなく、中古車屋への売却の場合は日数があくこともあるわけです。

    代替交通機関がないときは、査定士を派遣してもらう以前に電話などでまず代車が必要である旨を伝えておきます。

    業者によっては代車がないこともありますから、念には念を入れて確認しましょう。

    乗用車を売却するにはまず査定を受ける必要があります。

    一口に査定といってもやり方は基本的には2つしかありません。

    ひとつはカーディーラーで車を買い、同時に下取りとして査定してもらうことです。

    なにしろ手軽なのは言うまでもなく、代車を手配する必要もないという気楽さが魅力ですが、競争原理が働かないため中古車買取り業者と比較すると買値は安くなりがちです。

    そして2つ目は一括見積りサイトなどを使って複数の買取業者に査定を依頼するやり方です。

    少なくとも2社以上に依頼すれば競争になりますから、買取価格がディーラーより上がるのが普通です。

    中古車の買取には実物の査定が不可欠ですが、金額を提示した業者は即決を促すでしょう。

    もし即決なら見積りに色をつけても良いといった熱心な営業が展開されますが、即断するのは間違いです。

    多くの業者に見積額を競ってもらうことが好条件で買い取ってもらうための基本です。

    心が動くかもしれませんが、まずは多くの見積額を手にすることを優先的に考え、見積り額が揃って相場がつかめたところで次の交渉段階に進めばいいのです。

    けして焦りは禁物です。

    業者に依頼して車を売るのは初めてという人も少なくないでしょう。

    次のような流れになりますので参考にしてください。

    まずは一括査定サイトなどを使って実車査定なしの簡易査定額を算出してもらいます。

    それから買取対象となる車を実際に業者が採点していき、実際の査定額(買取額)が提示されます。

    提示額が不満なら交渉の余地があります。

    そして引取日程や金額などの調整が済んだら契約書にサインします。

    引取日が来たら車を買取業者に引き渡し、所有者の移転登録等の手続きがひと通り終わった後で代金が支払われます。

    支払いは振込が一般的です。

    中古車を査定に出す場合、タイヤの溝の減り具合も査定項目に含まれているので、残りが少なくなっていたら査定金額からマイナスされます。

    しかしながら、車を手放す前に新しく購入してタイヤを付け替えても購入費用以上に査定額がアップすることはないでしょうから、タイヤを新品に変えても意味がありません。

    ただ、スタッドレスタイヤを履いている時は、あらかじめ通常のタイヤに戻しておいた方が良いでしょう。

    需要のある時期と季節が限られているスタッドレスタイヤは、減点対象になってしまうことがほとんどですから。

    車を手放す際に、車検の残り期間がほぼそのまま残った状態では、見積もりの際に金額がアップすることが多いです。

    しかし、残りの期間が一年以内になってくると車の評価額も目減りしていき、車検の残り期間が数ヶ月となると既にプラス査定は期待できなくなります。

    そうはいっても、見積金額を高くしようと考えて車検を通してから車を売却する必要性は低いのです。

    もし車検の有効期限まで2年間残っていたとしても、見積金額の上乗せ分の方が車検費用以上に高くなる事は無いからです。