トップページ

    このサイトでは車の出張査定をしてくれるおすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「車の出張査定をしてくれるおすすめの車買取業者はどこ?」ということが気になっている場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者を利用してみてください。

    自動車の買取査定であなたの車の高額査定を実現するために大切なことは、「いくつかの車買取業者に買取査定の依頼をして高く売却できる業者を見付けること」です。
    手間がかかるという理由で1つの店舗だけに買取査定をお願いしたり、近くのディーラーで下取りをしてもらったりというのは楽な反面、買取業者の間で査定額が競り上がらないので間違いなく損をします。

    自動車買取の一括査定サービスであれば、入力も数分で終わるくらい簡単ですし、実車査定時の出張査定も無料です。しかも、複数の車買取業者が提示してくれる査定額を比べることができるので、あなたの車を高く買い取ってくれる業者が見つかります。

    出張査定を利用すれば、時間もガソリンも走行距離も節約できますよね?いくつかの買取専門店に出張査定を依頼して、あなたの愛車を1円でも高く売りましょう。
    カーセンサー

     カーセンサーは、大手企業のリクルートが運営する中古車の相場が比較できる一括査定サービス。中古車といえばカーセンサーという人もいるくらい知名度抜群なので安心感も抜群です。
    提携業者も1000社以上とダントツ№1!最大で50社に車の査定依頼をすることができます。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼するといつくかの車買取業者から営業電話があることもあるのですが、カーセンサーの場合はメール連絡を選択すれば電話がかかってこないので安心です。
    勿論、地方でも出張査定に対応していて無料です。

    「できるだけ車を高く売りたいから買取相場を知りたいけど、営業電話は受けたくない…」ということならメール連絡で査定額を提示してくれるカーセンサーが一番オススメ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力完了と同時にあなたが乗っている車の買取相場が分かる上に、個人情報が他社に渡らないので、電話連絡はユーカーパックからの電話1本のみという今までにない新しいサービス。

    最大2000社の車買取業者がオークションで概算価格を入札するので、数年落ちの中古車でも高く売れる買取業者が見つけられます。

    昔からある車査定の一括サイトなら、申し込むと複数の会社から電話で連絡があるのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックを使えば電話がかかってくるのは1本だけなので、電話の嵐に対応する必要もありませんし、しつこいセールスを受けることもありません。
    出張査定も無料で実車査定はガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    電話も査定も1回のみで約2000社の車買取業者がオークション形式で買取価格を提示してくれる今話題の新サービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国での利用者数が一番多い車査定一括サイト。たった45秒あれば入力が完了しますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の概算買取相場が表示されるので、「今自分が乗っている車の買取相場ってどれくらい?」と感じているならおすすめです。

    申し込みをした後はいくつかの会社から電話がかかってきますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査をクリアした厳選された業者だけが登録しているので、強引な営業をされることはありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社だけで即決せずに、複数社に出張査定をしてもらうことで中古車の高価査定が可能になります。

    最大10業者が中古車の査定額を出してくれるので、一番高い金額を提示してくれた買取店にあなたの愛車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグに中古車の査定相場が分かる数少ない一括査定サイトの一つ。
    提携業者も約220社と多く、その中から最大で10社があなたが愛用した車を査定します。

    いくつもの車買取業者に査定してもらうことで買取業者ごとの査定額を比較することが可能になるので、いつくかの車買取業者に出張査定をお願いして長年大切にしてきた自動車を1円でも高く売りましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、カスタマーサポートも対応してくれますので安心して利用することができます。






    楽天オート

     楽天オートは、その名前の通り楽天グループが運営している車買取の一括査定サイト。
    車の買取査定の申し込みをするだけで楽天5ポイント、出張査定をしてもらって売却が決まったらさらに1500ポイントが付与されるので楽天ユーザーには嬉しいサービスになっています。

    長年愛用してきた車を高額買取してもらって、しかも楽天ポイントが貰えるというのは嬉しいところ。
    提携先会社は100社以上と他の買取業者と比較すると少ないですが、最大10社が中古車の査定金額を提示してくれますので、気になる買取専門店に出張査定を依頼してあなたの愛車を1円でも高く売りましょう。

    公式サイトではデーラーの下取り価格と一括査定を利用した時の価格の違いが分かりやすく表示されているので、気になる場合はチェックしてみてください。







    たいていの場合、中古車販売店等に車を売った際に査定書が発行されることはなく、望んでもくれない場合が大半です。

    自己破産や遺産相続に関して資産証明が必要になることがありますが、このような場面で車の査定額がハッキリと分かる証明が欲しい時には、通称JAAI、正式名称は日本自動車査定協会へ車の査定をお願いしなければいけません。

    JAAIは国内で50ヶ所以上の事業所を持っていて、有料での査定になっています。

    それから、事前に査定の申し込みが必要です。

    あちこち中古車買取店舗巡りをせずに、中古車の見積もり可能なWEBサイトはたくさん存在しています。

    もちろん、大まかな金額でなくて、詳細な査定金額は査定担当者が実際に中古車を見てみないと一口では計算できないでしょうが、一瞬で多数の店舗の査定を受けることができるため、おおよその今の段階での査定相場を知る上で大変有用ですね。

    それにもまして、相場とあまりにもかけ離れた値段を付けた買取業者を実際に車を売る店から除外することが可能です。

    修理したことがある車を修理歴車と呼称しますが、一般的には事故車と呼んでいます。

    そしてこの修理歴車は査定額が大幅にマイナスになる元凶となります。

    でも、以前修理したことがあるすべての車が同じように修理歴車になるわけではないのです。

    車の骨格に相当するところまで修理されていなければ、板金でドアを直してあったりボンネットのへこみを直してあったりしても修理歴車とは呼ばないのです。

    でも、修理歴車というレッテルは貼られなくても、以前板金などを行って修理したことがある車は査定の際にマイナスされる可能性が高いです。

    溝が減ってスリップサインが見えるほどになっても、買取業者に見せる前に新しいタイヤに履き替える必要はないでしょう。

    いかなるタイヤであれ消耗品であることに違いはありませんし、中古車販売店の方で別のタイヤに交換してから売るのが極めて普通に行われているからです。

    ですから、見積額への減点査定は微々たるものです。

    所有者の方でタイヤ交換をしたところで、得することはほとんどないでしょう。

    最少の手間で車の相場を知ることができる車買取一括査定サイトは、誰にとっても有難い存在ですが、唯一の欠点といえばアポとりの電話がひきもきらずかかってくるのは避けられません。

    深く考えずに仕事と兼用の携帯電話番号で申し込んだりすると、仕事に支障がでかねないので、できるだけ避けたほうがいいでしょう。

    断っても再三かけてくるような業者がいたら、一番最初に来た業者と契約済みだとか、嘘でもいいから売ってしまったことを伝えるとてきめんに効きます。

    中古車買取り業者による査定の際はぜったい所有者がその場にいなければいけないとする決まりなどはありませんが、当事者の一方がいないことで発生するトラブルを回避すべく、夜間査定に対応する業者を探すなどして、本人が査定に立ち会う方が良いです。

    たちの悪い業者だと、車のことがわかる人がいないのに乗じて自分で傷を捏造して不当な安値で買おうとする業者もいるようです。

    愛車を手放した後から、買取業者から瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)を盾にして買取金を下げられたり、契約解除を通達されることがたまにあります。

    万が一事故や故障などで修理した履歴があるのに隠していたのならば売却側に非があると言えるのですが、見積もり時に確認ミスがあったからであれば自分が非難される筋合いはないでしょう。

    どうしても納得いかないときには、国民生活センターへ赴いて、車の売却でトラブルになっているとと相談することが最善でしょう。

    一律と言うわけではないのですが、車を売ったお金には税金がかかることがあります。

    一個人が持っている車であり、完璧に通勤用となっていれば所得税の対象からは外れます。

    レジャーなどに行くときにも利用していた車であれば、今度は所得税を払わなければならない可能性が出てくるのです。

    詳細を述べると、買った金額を売った金額が50万円以上上回った時に課税対象になります。

    個人事業主の場合で、その車を日常以外で業務使用しているときにはまた異なるルールがあるので、わからないときには確定申告をするときに申告署の作成時にきちんと税理士に確認しましょう。

    中古自走車を売却する際には、「車庫証明」は必要書類の中に含まれていません。

    でも、新しく購入した車に関しては、ちゃんと車を保管する指定場所を届け、車庫証明書を取得しなければなりません。

    車庫証明書については自動車を購入した店舗で代行してくれることがほとんどでしょうが、個人で車庫証明を取得することも可能です。

    ちょっと手間はかかりますが販売店側に手数料を支払わなくても構わないので、自分自身で車庫証明書を取りに行くのも良いかも知れません。

    車庫証明の取得に関しては、以前所有していた車をどうしかの説明が必要ですから、必要書類としては売買契約書が挙げられるでしょう。