トップページ

    このサイトでは車の出張査定をしてくれるおすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「車の出張査定をしてくれるおすすめの車買取業者はどこ?」ということが気になっている場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者を利用してみてください。

    自動車の買取査定であなたの車の高額査定を実現するために大切なことは、「いくつかの車買取業者に買取査定の依頼をして高く売却できる業者を見付けること」です。
    手間がかかるという理由で1つの店舗だけに買取査定をお願いしたり、近くのディーラーで下取りをしてもらったりというのは楽な反面、買取業者の間で査定額が競り上がらないので間違いなく損をします。

    自動車買取の一括査定サービスであれば、入力も数分で終わるくらい簡単ですし、実車査定時の出張査定も無料です。しかも、複数の車買取業者が提示してくれる査定額を比べることができるので、あなたの車を高く買い取ってくれる業者が見つかります。

    出張査定を利用すれば、時間もガソリンも走行距離も節約できますよね?いくつかの買取専門店に出張査定を依頼して、あなたの愛車を1円でも高く売りましょう。
    カーセンサー

     カーセンサーは、大手企業のリクルートが運営する中古車の相場が比較できる一括査定サービス。中古車といえばカーセンサーという人もいるくらい知名度抜群なので安心感も抜群です。
    提携業者も1000社以上とダントツ№1!最大で50社に車の査定依頼をすることができます。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼するといつくかの車買取業者から営業電話があることもあるのですが、カーセンサーの場合はメール連絡を選択すれば電話がかかってこないので安心です。
    勿論、地方でも出張査定に対応していて無料です。

    「できるだけ車を高く売りたいから買取相場を知りたいけど、営業電話は受けたくない…」ということならメール連絡で査定額を提示してくれるカーセンサーが一番オススメ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力完了と同時にあなたが乗っている車の買取相場が分かる上に、個人情報が他社に渡らないので、電話連絡はユーカーパックからの電話1本のみという今までにない新しいサービス。

    最大2000社の車買取業者がオークションで概算価格を入札するので、数年落ちの中古車でも高く売れる買取業者が見つけられます。

    昔からある車査定の一括サイトなら、申し込むと複数の会社から電話で連絡があるのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックを使えば電話がかかってくるのは1本だけなので、電話の嵐に対応する必要もありませんし、しつこいセールスを受けることもありません。
    出張査定も無料で実車査定はガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    電話も査定も1回のみで約2000社の車買取業者がオークション形式で買取価格を提示してくれる今話題の新サービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国での利用者数が一番多い車査定一括サイト。たった45秒あれば入力が完了しますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の概算買取相場が表示されるので、「今自分が乗っている車の買取相場ってどれくらい?」と感じているならおすすめです。

    申し込みをした後はいくつかの会社から電話がかかってきますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査をクリアした厳選された業者だけが登録しているので、強引な営業をされることはありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社だけで即決せずに、複数社に出張査定をしてもらうことで中古車の高価査定が可能になります。

    最大10業者が中古車の査定額を出してくれるので、一番高い金額を提示してくれた買取店にあなたの愛車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグに中古車の査定相場が分かる数少ない一括査定サイトの一つ。
    提携業者も約220社と多く、その中から最大で10社があなたが愛用した車を査定します。

    いくつもの車買取業者に査定してもらうことで買取業者ごとの査定額を比較することが可能になるので、いつくかの車買取業者に出張査定をお願いして長年大切にしてきた自動車を1円でも高く売りましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、カスタマーサポートも対応してくれますので安心して利用することができます。






    楽天オート

     楽天オートは、その名前の通り楽天グループが運営している車買取の一括査定サイト。
    車の買取査定の申し込みをするだけで楽天5ポイント、出張査定をしてもらって売却が決まったらさらに1500ポイントが付与されるので楽天ユーザーには嬉しいサービスになっています。

    長年愛用してきた車を高額買取してもらって、しかも楽天ポイントが貰えるというのは嬉しいところ。
    提携先会社は100社以上と他の買取業者と比較すると少ないですが、最大10社が中古車の査定金額を提示してくれますので、気になる買取専門店に出張査定を依頼してあなたの愛車を1円でも高く売りましょう。

    公式サイトではデーラーの下取り価格と一括査定を利用した時の価格の違いが分かりやすく表示されているので、気になる場合はチェックしてみてください。






    車買取コラム

    特別に車の査定に関してだけではなくて、ジャンルの如何にかかわらず言えることですが、絶対否定的な意見というものがあります。

    何個かの否定的なレビューを見付けたとしても、それだけに左右されると何も出来ない状態になってしまう場合もあるでしょう。

    レビューはあくまでレビューとして参考にするだけで、思い切って無料見積もりを申し込んでみて、査定したときに受けた自分のイメージを大切にしていく方がより良い選択ができる要となるのです。

    中古車を査定するときに持っていなければならない国家資格はありませんが、中古自動車査定士と呼ばれる民間資格があり、これは国が後援しています。

    この資格は日本自動車査定協会(JAAI)によって認定される資格であり、中古自動車査定士は大型車と小型車の2種類存在します。

    実務経験が半年以上あって、学科と技能試験に受からないと与えられませんから、中古自動車査定士の資格がある人は、ある一定以上の経験や技能があるということを証明してくれるはずです。

    もちろん大部分は良心的ですが、ごく一部に見られることですが、中古車買取店舗の中には悪質なものも存在しています。

    例を挙げるならば、見積もり査定の申し込みの時に、査定した後に直ぐ車を持ちだしてもOKならば価格を上げましょうなどとうまいことを言われて、売却希望の車をなるべく早く引き取りできるように希望されて、その車を明け渡した後で料金を支払わずに、連絡先もなくなっているという詐欺の手法が存在します。

    一定の手続きを踏むことをしないで急いでその車を持って帰ろうとする会社は詐欺だと疑って掛かって良いでしょう。

    数々の査定実績のある買取業者からすると、個人レベルでいくら工夫しようと車の修理歴、ましてや事故歴などは隠しきれるものではないです。

    偽ってまで値段をつけさせるという考え自体、単なる不誠実というよりも法的な問題に発展します。

    その後の交渉にすら支障をきたすでしょう。

    そして査定で申告対象となるような車の状態を隠蔽するのは不動産屋が事故物件を偽るのと同様、告知義務違反という扱いになり、内容次第では減額や返還請求といったペナルティが課されることになります。

    こうしたトラブルを避けるため契約書の記載でもほぼ100パーセントの確率で申告や隠蔽に関する記載があります。

    たいていの買取業者は夕方以降の暗い時間帯にも構わず、査定依頼に対応してくれます。

    車のボディの傷や小さなへこみなどは、昼に比べて夜間は目立たないですから、査定額が高くなりがちだと言われていますが、あまり気にする必要はないというのが本当のところだと思います。

    平日の査定となると夜間の指定は珍しくありませんが、なるほど夜間は光源が乏しく、曇天、雨天といった状況下では光の反射が少ないので噂のようなこともあるかもしれませんが、業者もそれは承知なので厳しく減点している可能性もあります。

    こまめに洗車してワックスコートが充分な車なら、晴天の屋外の方が光沢があって新しく見えますし、天候次第で査定がコロコロ変わることはないと思っていいでしょう。

    出来るだけ高額の査定を引き出したいと思ったら、一社だけでなく複数の買取業者に査定を出してもらうのがお約束です。

    そうは言っても実際のところ、仕事が休みになるたびに何件もの業者を回れるかというと、不可能ではないものの疲れてしまうでしょう。

    ネットにある中古車査定一括サイトを活用すると、時間も労力も使わないで済む点はありがたいです。

    面倒な登録作業は数分で済み、一度の登録で幾つもの業者に査定依頼可能なので、同じ作業を人力でやることを考えると雲泥の差です。

    ただし、あまり数多くの業者を指定するとその会社全部から我先にと営業電話がかかってくるため、それはそれで面倒です。

    どのくらい残っているかにもよるのですが、自動車車検によって査定額が変わることがあるのです。

    「車検切れ」である車よりも長期間の車検が残っている方が有利になります。

    ただ、残りの期間が一年もないくらいではほぼ査定額に影響を与えません。

    車検の残りが少ないと査定金額も高くないからといって、車を手放す前に車検を通すようなことはしない方が良いでしょう。

    車検の為に支払う費用と査定時に車検を通したことによってアップされる金額とでは、車検費用の方が高く付く場合がほとんどなので損するのが目に見えているのです。

    中古自動車を売ろうとする際に、車検の残り期間が沢山残った状態の場合には、プラスの評価をされることがほとんどです。

    でも、車検の有効期間が一年を切ってくると価値もドンドン下がっていって、車検有効期間が数ヶ月しか残っていないと見積金額アップは望めなくなります。

    でも見積金額アップを狙って車検を通してから車を売却することは有益ではありません。

    車検の残り期間がたとえフルであったとしても、車検にかかる総費用分以上に査定金額の上乗せはないからです。

    自動車税というものは、毎年の4月1日に車を所有している人に対して1年分の請求があるのです。

    一年分が請求されると言っても、車を手放す際には、残っている月数分の税金相当額が見積もりにプラスされるので、月割りで税金を払うのと同じことになるので心配無用です。

    しかしながら、自動車重量税に関しては廃車にでもしない限り返却される制度はないのです。

    しかし、還付される決まりはなくても、支払い月数分の残りを加算して査定してくれるケースもあることでしょう。

    査定スタッフと交渉するとお得に売却できる可能性がアップします。