トップページ

    このサイトでは車の出張査定をしてくれるおすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「車の出張査定をしてくれるおすすめの車買取業者はどこ?」ということが気になっている場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者を利用してみてください。

    自動車の買取査定であなたの車の高額査定を実現するために大切なことは、「いくつかの車買取業者に買取査定の依頼をして高く売却できる業者を見付けること」です。
    手間がかかるという理由で1つの店舗だけに買取査定をお願いしたり、近くのディーラーで下取りをしてもらったりというのは楽な反面、買取業者の間で査定額が競り上がらないので間違いなく損をします。

    自動車買取の一括査定サービスであれば、入力も数分で終わるくらい簡単ですし、実車査定時の出張査定も無料です。しかも、複数の車買取業者が提示してくれる査定額を比べることができるので、あなたの車を高く買い取ってくれる業者が見つかります。

    出張査定を利用すれば、時間もガソリンも走行距離も節約できますよね?いくつかの買取専門店に出張査定を依頼して、あなたの愛車を1円でも高く売りましょう。
    カーセンサー

     カーセンサーは、大手企業のリクルートが運営する中古車の相場が比較できる一括査定サービス。中古車といえばカーセンサーという人もいるくらい知名度抜群なので安心感も抜群です。
    提携業者も1000社以上とダントツ№1!最大で50社に車の査定依頼をすることができます。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼するといつくかの車買取業者から営業電話があることもあるのですが、カーセンサーの場合はメール連絡を選択すれば電話がかかってこないので安心です。
    勿論、地方でも出張査定に対応していて無料です。

    「できるだけ車を高く売りたいから買取相場を知りたいけど、営業電話は受けたくない…」ということならメール連絡で査定額を提示してくれるカーセンサーが一番オススメ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力完了と同時にあなたが乗っている車の買取相場が分かる上に、個人情報が他社に渡らないので、電話連絡はユーカーパックからの電話1本のみという今までにない新しいサービス。

    最大2000社の車買取業者がオークションで概算価格を入札するので、数年落ちの中古車でも高く売れる買取業者が見つけられます。

    昔からある車査定の一括サイトなら、申し込むと複数の会社から電話で連絡があるのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックを使えば電話がかかってくるのは1本だけなので、電話の嵐に対応する必要もありませんし、しつこいセールスを受けることもありません。
    出張査定も無料で実車査定はガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    電話も査定も1回のみで約2000社の車買取業者がオークション形式で買取価格を提示してくれる今話題の新サービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国での利用者数が一番多い車査定一括サイト。たった45秒あれば入力が完了しますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の概算買取相場が表示されるので、「今自分が乗っている車の買取相場ってどれくらい?」と感じているならおすすめです。

    申し込みをした後はいくつかの会社から電話がかかってきますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査をクリアした厳選された業者だけが登録しているので、強引な営業をされることはありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社だけで即決せずに、複数社に出張査定をしてもらうことで中古車の高価査定が可能になります。

    最大10業者が中古車の査定額を出してくれるので、一番高い金額を提示してくれた買取店にあなたの愛車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグに中古車の査定相場が分かる数少ない一括査定サイトの一つ。
    提携業者も約220社と多く、その中から最大で10社があなたが愛用した車を査定します。

    いくつもの車買取業者に査定してもらうことで買取業者ごとの査定額を比較することが可能になるので、いつくかの車買取業者に出張査定をお願いして長年大切にしてきた自動車を1円でも高く売りましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、カスタマーサポートも対応してくれますので安心して利用することができます。






    楽天オート

     楽天オートは、その名前の通り楽天グループが運営している車買取の一括査定サイト。
    車の買取査定の申し込みをするだけで楽天5ポイント、出張査定をしてもらって売却が決まったらさらに1500ポイントが付与されるので楽天ユーザーには嬉しいサービスになっています。

    長年愛用してきた車を高額買取してもらって、しかも楽天ポイントが貰えるというのは嬉しいところ。
    提携先会社は100社以上と他の買取業者と比較すると少ないですが、最大10社が中古車の査定金額を提示してくれますので、気になる買取専門店に出張査定を依頼してあなたの愛車を1円でも高く売りましょう。

    公式サイトではデーラーの下取り価格と一括査定を利用した時の価格の違いが分かりやすく表示されているので、気になる場合はチェックしてみてください。







    売りに出す車を少しでも良いから高く買ってもらいたいのが皆の共通の願いでしょう。

    そんな時は、実際に査定に出す前に充分に清掃しましょう。

    以前修理してもらった箇所や事故歴は消せませんし、隠し通すことはできません。

    しかしながら、付着した臭いや汚れなどに関してはいくらかは自分でメンテナンスする事で落としたり消したり出来るでしょう。

    また、最近では車内禁煙が一般的ですから、臭いが残留していると低く査定されることが多いことを覚えておきましょう。

    ほとんどの場合、大企業の中古車買取店舗では、さまざまなキャンペーンを常に展開しています。

    景品などの恩恵は中古車売買時にプレゼントされることが可能ですが、中にはただで査定するだけで貰えるものもあるのです。

    詳細は、ある決まったホームページから無料の中古車査定を実施するとネットで使えるポイントが受け取れる等のシステムです。

    無料見積もりを行うだけで買取をしなくても特に問題はありませんから、このようなキャンペーンが開催されているのを発見したらぜひ査定してみるとお得ですね。

    中古車買取業者といっても皆一様ではなくて、軽自動車を専門的に扱ったり、輸入車や事故車を扱うなど、限定された種類の車の販売を得意とする、若しくは専門的に販売している店舗が存在します。

    たとえばの話、自分が乗っている売却希望車が軽だったら、軽自動車限定で扱っている会社に売った方が高い金額で買い取ってもらえることでしょう。

    ある特定のジャンルに秀でた業者はネット上の無料一括査定サイトを使ったときに、通常の店舗よりも幾分査定額がアップされているので、判別することができるでしょう。

    よく車の買い時とも言われる決算直前の3月や、ボーナスの影響が出やすい9月というのは販売店としては車がよく売れるトップシーズンです。

    業者の意図としてはできるだけこの時期に商品を仕入れて捌きたいです。

    したがって中古車の買取額も高値基調となるのが普通です。

    売る時期を特に決めていないのであれば、価格上昇のタイミングを見計らうことで、高額査定も期待できます。

    逆に決算終了後の4月には査定額がどうしても下がり気味になるのでお勧めしかねます。

    車の買取業者から代金が振り込まれるのは、その車の売買契約を結んだ日から一週間程度かかるのが普通です。

    担当者が査定に来て、その日のうちに契約を決めても、実印がなかったり必要書類が不足していれば契約締結には至らず、ただ「約束した」だけになります。

    できるだけ早めに振り込んでほしい場合は、売却(査定)業者を決める前に、必要書類を集めておくと良いでしょう。

    提出書類は普通乗用車と軽では違いますし、事前にネットなどで調べておきましょう。

    一般に買取業者に中古車を売却する際、査定にかかる費用は請求されないのが普通です。

    その一方で、車を買うついでに同じディーラーで下取りしてもらうと、つい下取り額にばかり目がいって、査定代のほうまで気が回らないことがあります。

    査定手数料は現金で支払うことはなく下取額から引くのが普通ですが、中古車買取業者のときと同じ気持ちでいると、本来確認すべきことが疎かになってしまうため、安易に契約せず、査定にかかる費用はいくらかかるのかしっかり確認しておきましょう。

    査定は有料だと言うのであれば、そこはディーラーにとっては不利ですから、交渉の余地ありということになります。

    どんな場合でも一緒ですが、「契約書」の中味を充分に把握することは、自動車に関連したことだけではなくて売り買いをするうえでの重要項目です。

    署名して印鑑を押した以上、契約書の内容はすべて法律的に有効になってしまうのです。

    記載された中古車の状態は適切か、トラブルになりやすい金銭面でのあいまいな部分はないか、丁寧に一つ一つ確認していくことが必要でしょう。

    少しでも不安に思ったら自分が納得するまで担当者に相談したり質問したりすることも重要になってきます。

    年間に1万kmという数値が、自動車業界が考えている標準の走行距離になります。

    そうは言ってもこの数字は目安に過ぎず、型式が古い自動車の場合には年間走行距離数はもうちょっと短くなるのが通常でしょう。

    車売却の際にはなるべく走行距離が少ない方が査定額は高くなります。

    でも、機械というものは定期的に動かしていないと調子が悪くなってしまうのです。

    その車の年式に対し走行距離数があまりにも短い場合には、見積もり時にあまり大きく加点されないのが現実です。

    事故車や走行距離のメーターが10万kmを超えている車は、何社かの査定士にみてもらっても値段がつかないケースが多いようです。

    中古車屋への売却が不可能となると、残された道は2つです。

    解体業者への持ち込みと廃車手続きを自分ですれば、屑鉄代と重量税の還付金が手元に残ります。

    そのほか、そのような車を専門に扱う業者に査定を依頼する方法があります。

    そのような店舗は使える部分の有無を見ていき、細かく値段をつけてくれるので普通の中古車屋のようにタダ同然ということにはなりません。

    時間と労力、金額のどれを優先するかを考え、後悔がない方を選びたいものです。