トップページ

    このサイトでは車の出張査定をしてくれるおすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「車の出張査定をしてくれるおすすめの車買取業者はどこ?」ということが気になっている場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者を利用してみてください。

    自動車の買取査定であなたの車の高額査定を実現するために大切なことは、「いくつかの車買取業者に買取査定の依頼をして高く売却できる業者を見付けること」です。
    手間がかかるという理由で1つの店舗だけに買取査定をお願いしたり、近くのディーラーで下取りをしてもらったりというのは楽な反面、買取業者の間で査定額が競り上がらないので間違いなく損をします。

    自動車買取の一括査定サービスであれば、入力も数分で終わるくらい簡単ですし、実車査定時の出張査定も無料です。しかも、複数の車買取業者が提示してくれる査定額を比べることができるので、あなたの車を高く買い取ってくれる業者が見つかります。

    出張査定を利用すれば、時間もガソリンも走行距離も節約できますよね?いくつかの買取専門店に出張査定を依頼して、あなたの愛車を1円でも高く売りましょう。
    カーセンサー

     カーセンサーは、大手企業のリクルートが運営する中古車の相場が比較できる一括査定サービス。中古車といえばカーセンサーという人もいるくらい知名度抜群なので安心感も抜群です。
    提携業者も1000社以上とダントツ№1!最大で50社に車の査定依頼をすることができます。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼するといつくかの車買取業者から営業電話があることもあるのですが、カーセンサーの場合はメール連絡を選択すれば電話がかかってこないので安心です。
    勿論、地方でも出張査定に対応していて無料です。

    「できるだけ車を高く売りたいから買取相場を知りたいけど、営業電話は受けたくない…」ということならメール連絡で査定額を提示してくれるカーセンサーが一番オススメ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力完了と同時にあなたが乗っている車の買取相場が分かる上に、個人情報が他社に渡らないので、電話連絡はユーカーパックからの電話1本のみという今までにない新しいサービス。

    最大2000社の車買取業者がオークションで概算価格を入札するので、数年落ちの中古車でも高く売れる買取業者が見つけられます。

    昔からある車査定の一括サイトなら、申し込むと複数の会社から電話で連絡があるのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックを使えば電話がかかってくるのは1本だけなので、電話の嵐に対応する必要もありませんし、しつこいセールスを受けることもありません。
    出張査定も無料で実車査定はガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    電話も査定も1回のみで約2000社の車買取業者がオークション形式で買取価格を提示してくれる今話題の新サービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国での利用者数が一番多い車査定一括サイト。たった45秒あれば入力が完了しますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の概算買取相場が表示されるので、「今自分が乗っている車の買取相場ってどれくらい?」と感じているならおすすめです。

    申し込みをした後はいくつかの会社から電話がかかってきますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査をクリアした厳選された業者だけが登録しているので、強引な営業をされることはありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社だけで即決せずに、複数社に出張査定をしてもらうことで中古車の高価査定が可能になります。

    最大10業者が中古車の査定額を出してくれるので、一番高い金額を提示してくれた買取店にあなたの愛車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグに中古車の査定相場が分かる数少ない一括査定サイトの一つ。
    提携業者も約220社と多く、その中から最大で10社があなたが愛用した車を査定します。

    いくつもの車買取業者に査定してもらうことで買取業者ごとの査定額を比較することが可能になるので、いつくかの車買取業者に出張査定をお願いして長年大切にしてきた自動車を1円でも高く売りましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、カスタマーサポートも対応してくれますので安心して利用することができます。






    楽天オート

     楽天オートは、その名前の通り楽天グループが運営している車買取の一括査定サイト。
    車の買取査定の申し込みをするだけで楽天5ポイント、出張査定をしてもらって売却が決まったらさらに1500ポイントが付与されるので楽天ユーザーには嬉しいサービスになっています。

    長年愛用してきた車を高額買取してもらって、しかも楽天ポイントが貰えるというのは嬉しいところ。
    提携先会社は100社以上と他の買取業者と比較すると少ないですが、最大10社が中古車の査定金額を提示してくれますので、気になる買取専門店に出張査定を依頼してあなたの愛車を1円でも高く売りましょう。

    公式サイトではデーラーの下取り価格と一括査定を利用した時の価格の違いが分かりやすく表示されているので、気になる場合はチェックしてみてください。







    自分の車を買取業者に査定に出して、提示された金額がどうも腑に落ちないときに、売却を断っても構いません。

    さまざまな会社に査定を依頼して比較検討して一番高い査定額を表示してくれた店舗で実際の取り引きをする方が良いでしょう。

    その一方で、現実的に契約を結んでからの車の売却キャンセルは難しいか、キャンセルできても賠償金を請求される事が多いでしょう。

    損害賠償などの決まりに関しては契約書に書かれているはずですので、きちんと契約書を読んでからサインすることが重要になってきますね。

    修理したことがある車を修理歴車と呼称しますが、一般的には事故車と呼んでいます。

    そしてこの修理歴車は中古車査定時に見積額が大きくマイナスされる元となってしまいます。

    しかしながら、修理歴のある車が全部同様に修理歴車として見積もりされることにはなりません。

    車のいわゆる骨格に相当する部分にまで修理が及んでいなければ、車体の傷やへこみを板金塗装したりドア交換したりしてもとくに修理歴車になるわけではないのです。

    でも、修理歴車というレッテルは貼られなくても、修理した痕跡がある車については査定時に減額されることが多いと覚えておきましょう。

    たいていの場合、買取専門店などに車を売った際に査定書は出してもらえず、「発行してください」と言ってももらえないことがほとんどです。

    例えば遺産相続に関してや、自己破産の際に必要になる資産証明などで車の査定額がハッキリと分かる証明が欲しい時には、日本自動車査定協会(頭文字をとってJAAIとも呼ばれます)に査定を依頼する必要が生じます。

    自動車査定協会の支店は国内に50ヶ所以上存在していて、車の査定には幾らかの料金が発生します。

    それと、査定してもらうためには前もって予約しなければなりません。

    個人所有の車を手放すにあたり選択できる手段は、中古車買取店への売却かディーラー下取りの二つでしょう。

    手間はかかるものの売却ではたくさんの買取業者から査定してもらい契約をめぐって競争せざるを得ない状況を作り、おのずと高額買取りも期待できるでしょう。

    一方、ディーラー下取りでは競合する相手がいませんから競争による高値買取りのようなものは期待できません。

    そのかわり一度の手間で売却と購入ができてしまうのでこれほど簡単なことはありません。

    一概にどちらが良いかは言えません。

    中古車の相場というのは市場のニーズによって変動しています。

    ですから売却対象車につけられた査定価格にも期限が設定されています。

    期限については業者や担当者ごとに違いがあるはずですから、念の為にその金額がいつまで有効なのかを担当者にしっかり確認することが不可欠です。

    期限は長くても10日から2週間位を見込んでおけば良いですが、中古車の相場の変動が大きい時期になると、かなり短期間で設定されていることもあります。

    頼んだ買取業者のすべてからタダ同然の値段やゼロ円という査定をされてしまったら、出来ることは限られています。

    廃車にするまで乗り続けるか、普通の中古車屋ではなく廃車専門の業者に査定してもらうかは、本人次第です。

    ワケありの車を扱う業者は買取後、その車を中古車として流通させることは少なく、パーツ分けして修理屋に売却するなどして利ざやを稼いでいます。

    そんな業態だからこそゼロ円査定されてしまった車でも相応の値段をつけられるわけです。

    業者は廃車手続きの代行もしてくれるので、どうしたら良いか分からないという人でも安心です。

    一律と言うわけではないのですが、車を売却したお金に税金がかかってくる場合があるのです。

    一個人が持っている車であり、完璧に通勤用となっていれば所得税の対象からは外れます。

    使用目的がレジャー等でも使うということになると、課税対象になって所得税を支払うかもしれなくなります。

    具体的な数字を言うと、車を売ったお金が買ったお金より50万円以上上回った時です。

    個人事業主の場合で、その車を日常以外で業務使用しているときにはまた異なるルールがあるので、不明点は確定申告のときに税理士などに質問して後からトラブルにならないようにすべきでしょう。

    3月や9月の企業の決算時期やボーナスの出る時期など、中古車を通常よりも高値で売りやすいタイミングはあるのです。

    車が欲しいと思う人が増える時期には車の需要につられて中古車買取の相場も高くなるからです。

    でも、車を売ろうと決心したときがこれらの時期とかけ離れているときには、それらのタイミングまで待つ方が良いというわけでもないのです。

    当然かもしれませんが、車を売る時期が遅ければ遅いほど旧式の車になっていきますよね。

    車の買取相場が上がってそれなりに査定額も上がるでしょうが、車の価値そのものが下落することの方が大きくなる可能性も秘めているからです。

    愛車を手放した後から、買取業者から瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)を盾にして買取金を下げられたり、契約解除を言い渡してくる事がなきにしもあらずです。

    もし自分が事故歴などを隠蔽して売ったとしたら自分の方が非難されるべきですが、中古自動車査定士が傷などを見落としていたことによるものならば売る側に何も責任は無いでしょう。

    納得できない理由で買取額の減額や契約解除を迫ってくるときには、消費生活センターなどに行って、いざこざが起きている旨を話してみると無駄に気をもむ必要がなくなります。