トップページ

    このサイトでは車の出張査定をしてくれるおすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「車の出張査定をしてくれるおすすめの車買取業者はどこ?」ということが気になっている場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者を利用してみてください。

    自動車の買取査定であなたの車の高額査定を実現するために大切なことは、「いくつかの車買取業者に買取査定の依頼をして高く売却できる業者を見付けること」です。
    手間がかかるという理由で1つの店舗だけに買取査定をお願いしたり、近くのディーラーで下取りをしてもらったりというのは楽な反面、買取業者の間で査定額が競り上がらないので間違いなく損をします。

    自動車買取の一括査定サービスであれば、入力も数分で終わるくらい簡単ですし、実車査定時の出張査定も無料です。しかも、複数の車買取業者が提示してくれる査定額を比べることができるので、あなたの車を高く買い取ってくれる業者が見つかります。

    出張査定を利用すれば、時間もガソリンも走行距離も節約できますよね?いくつかの買取専門店に出張査定を依頼して、あなたの愛車を1円でも高く売りましょう。
    カーセンサー

     カーセンサーは、大手企業のリクルートが運営する中古車の相場が比較できる一括査定サービス。中古車といえばカーセンサーという人もいるくらい知名度抜群なので安心感も抜群です。
    提携業者も1000社以上とダントツ№1!最大で50社に車の査定依頼をすることができます。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼するといつくかの車買取業者から営業電話があることもあるのですが、カーセンサーの場合はメール連絡を選択すれば電話がかかってこないので安心です。
    勿論、地方でも出張査定に対応していて無料です。

    「できるだけ車を高く売りたいから買取相場を知りたいけど、営業電話は受けたくない…」ということならメール連絡で査定額を提示してくれるカーセンサーが一番オススメ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力完了と同時にあなたが乗っている車の買取相場が分かる上に、個人情報が他社に渡らないので、電話連絡はユーカーパックからの電話1本のみという今までにない新しいサービス。

    最大2000社の車買取業者がオークションで概算価格を入札するので、数年落ちの中古車でも高く売れる買取業者が見つけられます。

    昔からある車査定の一括サイトなら、申し込むと複数の会社から電話で連絡があるのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックを使えば電話がかかってくるのは1本だけなので、電話の嵐に対応する必要もありませんし、しつこいセールスを受けることもありません。
    出張査定も無料で実車査定はガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    電話も査定も1回のみで約2000社の車買取業者がオークション形式で買取価格を提示してくれる今話題の新サービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国での利用者数が一番多い車査定一括サイト。たった45秒あれば入力が完了しますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の概算買取相場が表示されるので、「今自分が乗っている車の買取相場ってどれくらい?」と感じているならおすすめです。

    申し込みをした後はいくつかの会社から電話がかかってきますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査をクリアした厳選された業者だけが登録しているので、強引な営業をされることはありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社だけで即決せずに、複数社に出張査定をしてもらうことで中古車の高価査定が可能になります。

    最大10業者が中古車の査定額を出してくれるので、一番高い金額を提示してくれた買取店にあなたの愛車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグに中古車の査定相場が分かる数少ない一括査定サイトの一つ。
    提携業者も約220社と多く、その中から最大で10社があなたが愛用した車を査定します。

    いくつもの車買取業者に査定してもらうことで買取業者ごとの査定額を比較することが可能になるので、いつくかの車買取業者に出張査定をお願いして長年大切にしてきた自動車を1円でも高く売りましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、カスタマーサポートも対応してくれますので安心して利用することができます。






    楽天オート

     楽天オートは、その名前の通り楽天グループが運営している車買取の一括査定サイト。
    車の買取査定の申し込みをするだけで楽天5ポイント、出張査定をしてもらって売却が決まったらさらに1500ポイントが付与されるので楽天ユーザーには嬉しいサービスになっています。

    長年愛用してきた車を高額買取してもらって、しかも楽天ポイントが貰えるというのは嬉しいところ。
    提携先会社は100社以上と他の買取業者と比較すると少ないですが、最大10社が中古車の査定金額を提示してくれますので、気になる買取専門店に出張査定を依頼してあなたの愛車を1円でも高く売りましょう。

    公式サイトではデーラーの下取り価格と一括査定を利用した時の価格の違いが分かりやすく表示されているので、気になる場合はチェックしてみてください。







    買い取りする車を査定する時に、査定金額に大きく影響するのが走行距離です。

    基本的に走行距離がアップすればするほど徐々に査定額がダウンしていくことになります。

    5万kmを越えた車は多走行車という名称があり、マイナス査定の要因になり始める場合が大半です。

    総走行距離が10万kmより多い車は一般に過走行車といわれ、車によっては0円査定になる場合もあるのです。

    中古車の査定は少しでもアップさせたいものです。

    それならば、買取専門店に持って行く前にしっかりとキレイにしておくことが重要です。

    以前修理してもらった箇所や事故歴は消せませんし、自ら話さなくてもすぐに見破られます。

    しかしながら、付着した臭いや汚れなどに関しては自分で対処することで大分片付けることができるはずです。

    それに、車内においてタバコを吸っていた人に関しては、タバコの臭いが嫌われることを念頭に置いて、査定が低くならないように消臭することを心掛けましょう。

    インターネットを利用して知ることがかぬな中古車の査定金額というのは、やはり簡易的なもので導いた金額になっています。

    同じ年式の同じ車種だったとしても、個々の車によってボディや内装の状態などは異なりますから、具体的な実際の査定金額は車を目の前で査定しないことにはなんとも言えません。

    そういうわけで、ネットで前もって調べた通りの査定額が実際の売却時に提示されるとは限らないので、前もって知っておくと良いでしょう。

    ローン完済前の車を売るときは、いったん完済しなければ売却は不可能ですから注意が必要です。

    というのは、返済中はローン会社が車の所有権を持っているため、書類上の名義もそうであることがほとんどだからです。

    残っていたローンを車を売却する以前に一括返済しきれれば良いのですが、不可能であれば無理をせず、買取額を使って残債を清算するという方法もあります。

    但しこの場合は相手方の同意が絶対条件となり、相手側の規約に則った手続きをする必要があります。

    なるべく高い価格で車を売却したいと思うのであれば、複数の業者から見積もりを取るのが有効です。

    とはいうものの、休みの日を費やしていくつもの買取店舗を巡るというのはかなりの負担です。

    そのような状況を回避するには、中古車一括査定サイトを利用するのが一番です。

    買取業者の公式サイトからだとその会社しか申し込めませんが、一括サイトなら一度に複数の会社に見積もり依頼できるので、同じ作業を人力でやることを考えると雲泥の差です。

    ただし、あまり数多くの業者を指定するとその会社全部からいっぺんに電話がかかってきますから、あらかじめ何社かに絞って依頼したほうが良いでしょう。

    最少の手間で車の相場を知ることができる車買取一括査定サイトは、一度使えばその便利さを実感しますが、その性格上、やっかいなこととして申し込み直後から営業電話がどんどんかかってくることがあります。

    連絡先として勤務先の電話番号や、仕事にも使っている携帯電話番号を登録してしまうと、業務に影響を及ぼしかねないため、注意が必要です。

    食事中や仕事中だといっても電話を切ってくれない迷惑な営業マンには、もう他社と売買契約をしたと言うと効果があります。

    下手に理屈で理解してもらうより簡単です。

    普通自動車でも軽自動車でも車を所持していると、使用していなくても維持費がかかってきます。

    車検代は二年に一度、自動車税は毎年かかりますし、さらには自動車保険代金も必要ですね。

    もっと言うならば、アパートなどに住んでいる場合には、別途駐車場代もかかってくるのです。

    自動車を売ってしまおうかと考えている人は、これら少額ではない維持費を払ってでも車を持っている必要があるのかどうかじっくり検討してみると、売却した方が結局は得かどうかがハッキリしやすいでしょう。

    車を持っている人なら入ることが義務付けられている自賠責保険ですが、これは一定の条件を満たせば自動車を手放すときに還付金をもらうことが可能です。

    一定の条件というのは、自賠責保険の残り有効期限が一ヶ月以上あって、廃車にすることを決めた場合です。

    売りに出すときには還付の対象から外れます。

    さらには、還付金が生じるケースでも手続きなしに入金されるという事はないのです。

    自らが保険会社に対して書類の手続きをして還付されるものなのです。

    実際の査定に出して提示された最終的な買取金額は、ずっと有効なわけではないのです。

    中古車の相場価格は流動的なものですから、どの買取店舗も「何日までならこの値段で買いますよ」と言う保証を付けてくるのです。

    その車の見積金額を提示されたときに売ることを躊躇してしまうような場合は示された見積金額がいつまで有効なのか必ず聞いておくようにしてください。

    いつまで有効かについては相談して伸ばすこともできるでしょうが、あまり長い期間同じ査定金額で買い取りして欲しいと交渉するのは難しいでしょう。