トップページ

    このサイトでは車の出張査定をしてくれるおすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「車の出張査定をしてくれるおすすめの車買取業者はどこ?」ということが気になっている場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者を利用してみてください。

    自動車の買取査定であなたの車の高額査定を実現するために大切なことは、「いくつかの車買取業者に買取査定の依頼をして高く売却できる業者を見付けること」です。
    手間がかかるという理由で1つの店舗だけに買取査定をお願いしたり、近くのディーラーで下取りをしてもらったりというのは楽な反面、買取業者の間で査定額が競り上がらないので間違いなく損をします。

    自動車買取の一括査定サービスであれば、入力も数分で終わるくらい簡単ですし、実車査定時の出張査定も無料です。しかも、複数の車買取業者が提示してくれる査定額を比べることができるので、あなたの車を高く買い取ってくれる業者が見つかります。

    出張査定を利用すれば、時間もガソリンも走行距離も節約できますよね?いくつかの買取専門店に出張査定を依頼して、あなたの愛車を1円でも高く売りましょう。
    カーセンサー

     カーセンサーは、大手企業のリクルートが運営する中古車の相場が比較できる一括査定サービス。中古車といえばカーセンサーという人もいるくらい知名度抜群なので安心感も抜群です。
    提携業者も1000社以上とダントツ№1!最大で50社に車の査定依頼をすることができます。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼するといつくかの車買取業者から営業電話があることもあるのですが、カーセンサーの場合はメール連絡を選択すれば電話がかかってこないので安心です。
    勿論、地方でも出張査定に対応していて無料です。

    「できるだけ車を高く売りたいから買取相場を知りたいけど、営業電話は受けたくない…」ということならメール連絡で査定額を提示してくれるカーセンサーが一番オススメ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力完了と同時にあなたが乗っている車の買取相場が分かる上に、個人情報が他社に渡らないので、電話連絡はユーカーパックからの電話1本のみという今までにない新しいサービス。

    最大2000社の車買取業者がオークションで概算価格を入札するので、数年落ちの中古車でも高く売れる買取業者が見つけられます。

    昔からある車査定の一括サイトなら、申し込むと複数の会社から電話で連絡があるのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックを使えば電話がかかってくるのは1本だけなので、電話の嵐に対応する必要もありませんし、しつこいセールスを受けることもありません。
    出張査定も無料で実車査定はガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    電話も査定も1回のみで約2000社の車買取業者がオークション形式で買取価格を提示してくれる今話題の新サービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国での利用者数が一番多い車査定一括サイト。たった45秒あれば入力が完了しますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の概算買取相場が表示されるので、「今自分が乗っている車の買取相場ってどれくらい?」と感じているならおすすめです。

    申し込みをした後はいくつかの会社から電話がかかってきますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査をクリアした厳選された業者だけが登録しているので、強引な営業をされることはありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社だけで即決せずに、複数社に出張査定をしてもらうことで中古車の高価査定が可能になります。

    最大10業者が中古車の査定額を出してくれるので、一番高い金額を提示してくれた買取店にあなたの愛車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグに中古車の査定相場が分かる数少ない一括査定サイトの一つ。
    提携業者も約220社と多く、その中から最大で10社があなたが愛用した車を査定します。

    いくつもの車買取業者に査定してもらうことで買取業者ごとの査定額を比較することが可能になるので、いつくかの車買取業者に出張査定をお願いして長年大切にしてきた自動車を1円でも高く売りましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、カスタマーサポートも対応してくれますので安心して利用することができます。






    楽天オート

     楽天オートは、その名前の通り楽天グループが運営している車買取の一括査定サイト。
    車の買取査定の申し込みをするだけで楽天5ポイント、出張査定をしてもらって売却が決まったらさらに1500ポイントが付与されるので楽天ユーザーには嬉しいサービスになっています。

    長年愛用してきた車を高額買取してもらって、しかも楽天ポイントが貰えるというのは嬉しいところ。
    提携先会社は100社以上と他の買取業者と比較すると少ないですが、最大10社が中古車の査定金額を提示してくれますので、気になる買取専門店に出張査定を依頼してあなたの愛車を1円でも高く売りましょう。

    公式サイトではデーラーの下取り価格と一括査定を利用した時の価格の違いが分かりやすく表示されているので、気になる場合はチェックしてみてください。







    中古車の見積もり金額には、車の色もかなり重要になってきます。

    定番色のホワイトやブラックはいつでも安定した人気を誇っているので、査定額が高めに出る傾向があります。

    定番色とは逆の原色に近い赤などのボディーカラーは、好きな人は好きですが、嫌がる人もいますから、定番カラーよりも査定額がマイナスされる傾向が強いと言えるでしょう。

    原色系は嫌われやすいと言っても、車の見積金額は中古車オークションの相場のタイミングによりけりなので、その時の流行によってある一定の色が査定で高値が付くことも充分考えられるのです。

    インターネットを介して何時でも何処でも楽に中古車の価値を見積もり可能なのが中古車一括査定サイトを使う利点となるでしょう。

    車種や連絡先などの情報を入力すると時間もかからずにたくさんの業者の査定金額を知ることが可能で、今の段階でのその車の査定金額の相場が分かるのです。

    名前などが知られてしまうのが不安な人は、記名せずに査定可能なページもあるようですので、このようなサイトを使うと便利でしょう。

    多くの買取業者に査定をお願いする事を一般的に相見積もりを取るといいます。

    相見積もりを何時でも何処でも簡単に行えるのが、インターネット上の中古車一括査定サイトです。

    さらに、この相見積もりの中には、一緒に同じ時刻にたくさんの査定スタッフに実査定をしてもらって、査定金額を提示してもらうという意味もあるのです。

    これを嫌がる買取業者も中には存在しますが、多くの店舗で相見積もりが可能なはずですよ。

    人気やその時の市場のニーズによって中古車市場の相場は移り変わるため、査定士がつけた査定額というのはその価格での買取りを保証する有効期限があります。

    実際に何日間の設定がされているかはまちまちですし、金額を出してもらった段階で有効期限については確かめておいたほうが良いでしょう。

    最長で2週間ばかりの有効期限という感じですが、これが中古車の相場の変動が大きい時期になると、さらに短くなることがほとんどです。

    一括査定サイトなどに登録している業者は大抵、夜間でも家まで出向いて査定してくれます。

    明るい昼間より夜間の査定のほうが車体のキズが見えにくいので、マイナス対象が減って査定額が高くなるなどといった説があります。

    ただ、屋外照明が蛍光灯や豆球の懐中電灯だった頃ならともかく、いまとなっては昔話です。

    指摘のとおり夜間の査定は骨が折れるものですし、曇天、雨天といった状況下では光の反射が少ないので担当者の不注意を誘発しやすいでしょうが、実際のところはそう甘くないかもしれません。

    また、綺麗に洗車してある車の場合は明るい時間帯のほうがより美しく見えますし、天候次第で査定がコロコロ変わることはないと思っていいでしょう。

    売却を前提に業者に車の査定を申し込む場合、特別な支度というのは別に必要ありません。

    けれども実際に売却する段階になれば、複数の書類が必要になります。

    印鑑証明は軽乗用車なら不要ですが、普通乗用車の場合は役所にとりにいかねばなりません。

    さらに、姓の変更があった場合や住所地の変更などがあった時は別途書類が必要となるので業者に確認しましょう。

    車を売る気持ちが固まったら時間があるうちに書類を揃え始めたほうがあとあと楽でしょう。

    親友などに愛車を買い取ってもらう場合には、料金の支払いに関する約束などがなあなあになりやすいので注意しましょう。

    愛車を売るのはかなり大きなお金が動いて当然の事柄です。

    どんなに親しい間柄だったとしても、名義変更や支払いの期日、いくらで売るのかなど、大切な項目だけでもきちんと書面に書き残しておくべきです。

    念書に残すのを嫌がる相手では、どんなに親しい間柄でも後からいざこざに発展する場合があるので、軽い気持ちで車の売買を決めてしまうのは早計です。

    実際の査定に出して提示された最終的な買取金額は、いつまでも変わらず同じ値段で買い取ってくれるわけではないのです。

    買取金額の相場は常に流動的ですから、最終的な査定金額にはある程度の期間保証を付けて提示しているところが多いです。

    車の査定額を見せられたときにすぐに売却を決定出来ないときには提示された査定額の有効期限がいつまでなのか事前に必ず聞いておくべきです。

    交渉次第で査定金額の補償期間が延びる場合もあるでしょうが、保証期間はあまり長くできないのが普通です。

    自動車ローンの支払いがまだ残っている状況でも全く車の売却ができないということはありません。

    もっとも、車検証の所有者が売主であるという条件がクリアできるならの話です。

    所有者のところにローン(信販)会社の名前が記載されている状態だと、残債を返済しきるまでの間は所有者名を変更することはできません。

    要するに、完済して自分名義にしてからでないと売却はできません。

    もし返済中の車を売るのなら、ローン会社から特別に許可を得れば、車の売却益を返済に充当するという条件つきで売ることができます。