トップページ

    このサイトでは車の出張査定をしてくれるおすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「車の出張査定をしてくれるおすすめの車買取業者はどこ?」ということが気になっている場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者を利用してみてください。

    自動車の買取査定であなたの車の高額査定を実現するために大切なことは、「いくつかの車買取業者に買取査定の依頼をして高く売却できる業者を見付けること」です。
    手間がかかるという理由で1つの店舗だけに買取査定をお願いしたり、近くのディーラーで下取りをしてもらったりというのは楽な反面、買取業者の間で査定額が競り上がらないので間違いなく損をします。

    自動車買取の一括査定サービスであれば、入力も数分で終わるくらい簡単ですし、実車査定時の出張査定も無料です。しかも、複数の車買取業者が提示してくれる査定額を比べることができるので、あなたの車を高く買い取ってくれる業者が見つかります。

    出張査定を利用すれば、時間もガソリンも走行距離も節約できますよね?いくつかの買取専門店に出張査定を依頼して、あなたの愛車を1円でも高く売りましょう。
    カーセンサー

     カーセンサーは、大手企業のリクルートが運営する中古車の相場が比較できる一括査定サービス。中古車といえばカーセンサーという人もいるくらい知名度抜群なので安心感も抜群です。
    提携業者も1000社以上とダントツ№1!最大で50社に車の査定依頼をすることができます。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼するといつくかの車買取業者から営業電話があることもあるのですが、カーセンサーの場合はメール連絡を選択すれば電話がかかってこないので安心です。
    勿論、地方でも出張査定に対応していて無料です。

    「できるだけ車を高く売りたいから買取相場を知りたいけど、営業電話は受けたくない…」ということならメール連絡で査定額を提示してくれるカーセンサーが一番オススメ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力完了と同時にあなたが乗っている車の買取相場が分かる上に、個人情報が他社に渡らないので、電話連絡はユーカーパックからの電話1本のみという今までにない新しいサービス。

    最大2000社の車買取業者がオークションで概算価格を入札するので、数年落ちの中古車でも高く売れる買取業者が見つけられます。

    昔からある車査定の一括サイトなら、申し込むと複数の会社から電話で連絡があるのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックを使えば電話がかかってくるのは1本だけなので、電話の嵐に対応する必要もありませんし、しつこいセールスを受けることもありません。
    出張査定も無料で実車査定はガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    電話も査定も1回のみで約2000社の車買取業者がオークション形式で買取価格を提示してくれる今話題の新サービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国での利用者数が一番多い車査定一括サイト。たった45秒あれば入力が完了しますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の概算買取相場が表示されるので、「今自分が乗っている車の買取相場ってどれくらい?」と感じているならおすすめです。

    申し込みをした後はいくつかの会社から電話がかかってきますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査をクリアした厳選された業者だけが登録しているので、強引な営業をされることはありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社だけで即決せずに、複数社に出張査定をしてもらうことで中古車の高価査定が可能になります。

    最大10業者が中古車の査定額を出してくれるので、一番高い金額を提示してくれた買取店にあなたの愛車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグに中古車の査定相場が分かる数少ない一括査定サイトの一つ。
    提携業者も約220社と多く、その中から最大で10社があなたが愛用した車を査定します。

    いくつもの車買取業者に査定してもらうことで買取業者ごとの査定額を比較することが可能になるので、いつくかの車買取業者に出張査定をお願いして長年大切にしてきた自動車を1円でも高く売りましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、カスタマーサポートも対応してくれますので安心して利用することができます。






    楽天オート

     楽天オートは、その名前の通り楽天グループが運営している車買取の一括査定サイト。
    車の買取査定の申し込みをするだけで楽天5ポイント、出張査定をしてもらって売却が決まったらさらに1500ポイントが付与されるので楽天ユーザーには嬉しいサービスになっています。

    長年愛用してきた車を高額買取してもらって、しかも楽天ポイントが貰えるというのは嬉しいところ。
    提携先会社は100社以上と他の買取業者と比較すると少ないですが、最大10社が中古車の査定金額を提示してくれますので、気になる買取専門店に出張査定を依頼してあなたの愛車を1円でも高く売りましょう。

    公式サイトではデーラーの下取り価格と一括査定を利用した時の価格の違いが分かりやすく表示されているので、気になる場合はチェックしてみてください。







    中古車を少しでも高く査定してもらいたいときには、実際に査定に出す前に思いっきりクリーニングしておくと良いでしょう。

    事故歴や過去に修理してもらった場所は消去不可能ですし、自ら話さなくてもすぐに見破られます。

    一方、嫌な臭いだったり、汚れたシートやカーペットなどは幾らかは個人個人で対処することによりキレイにすることができますよね。

    それから、車中は禁煙にすることがもはや常識のようなところがあるので、臭いが残留していると低く査定されることが多いことを覚えておきましょう。

    車の査定の仕事をする場合に査定者が所持すべき国家資格は特にありません。

    でも、国家資格の代わりに国が推奨する民間の資格として中古自動車査定士があります。

    中古自動車査定士は日本自動車査定協会が認定し、小型と大型車に分別されています。

    技能および学科試験をクリアして、なおかつ半年以上の実務経験がないと資格取得が叶わないので、この中古自動車査定士の資格所持者は、すなわち一定レベル以上のスキルがあるということを証明してくれるはずです。

    一社や二社ではなくて複数の中古車買取店舗に買取査定を依頼してから売る店を絞り込んでいくのが、より高値で中古車を売却するコツと言えるでしょう。

    同じ時に多数の店舗のスタッフに来てもらい、みなが査定額を競争せざるを得ない状況を作り出すのも自分にとってかなり有利にはたらきますね。

    数社に価格競争させるのは意外に良くあることですから、特に気にすることはないでしょう。

    それから話は変わりますが、いざ契約となった時には売買にあたって契約書の全文を充分に読むことが重要になってくるでしょう。

    たとえ車そのものは綺麗でも走行距離が10万キロを超えるとなると、過走行車(多走行車)などと呼ばれ、売却見積もりを依頼しても激安価格になってしまうか、値がつかなかったという話もあります。

    見えない故障などのリスクを懸念して値付けができないのは、事故車も過走行車も共通しています。

    そんな時は最初から普通の買取業者ではなく、過走行車や多走行車、事故車などを専門にしている中古車屋に打診するというのもありです。

    あるいは次の車に乗換える際にディーラーに下取りに出すと、これからお客になってくれると考えますから、値段がつく可能性が高くなります。

    溝が減ってスリップサインが見えるほどになっても、買取業者に見せる前に新しいタイヤに履き替える必要はないでしょう。

    タイヤは使えば減るものです。

    それに、買取業者側が別のタイヤに交換してから売るのが一般的ですから、交換した甲斐がありません。

    タイヤは交換が容易な消耗品ですから、車全体の査定額に及ぼすマイナスは微々たるものです。

    所有者の方でタイヤ交換をしたところで、得することはほとんどないでしょう。

    普通の中古車屋の場合、買取査定は無償というところが圧倒的に多いです。

    しかしながらどうせ車を買い替えるのだからとディーラーの言うがままに下取りに出すと、下取額はまずまずでも査定手数料をとられていたなんていうパターンも多いです。

    例えば下取額が10万円で査定手数料が1万円なら、実質利益は9万になるということです。

    中古車なのだから買取でも下取でも査定は無料だろうなどと思い込んでいると、忘れがちなことですので、下取り査定に取りかかる前に、手数料等の有無を念のために確認するようにしてください。

    査定手数料をとる場合でもかけあいの仕方次第で金額が変わることがあるからです。

    当然かもしれませんが、自動車を売買するときには、傷が目立ったり凹みがある車体の方が査定額は低くなります。

    しかしながら、自分でそれらの傷を補修しようと考えると、専門家の目で見たら余計に傷が浮いてしまうようなことがあるのです。

    きれいに乗っていても勝手に付いてしまう薄い傷などは、ほぼ査定額に影響しないことも多々あります。

    全くの素人で自動車修理などを手がけたことがなければ、大変な思いをしてまで補修しようとせずに、そのまま買取査定に出すようにした方が結果的には良いでしょう。

    自動車というものは頻繁に乗らなくても維持費は一様にかかってくるものです。

    自宅近辺に使える公共の交通機関が充実しているなどの理由で、車を持っていなくてもそれ程困難を感じないのならば売却することでかなりの節約になること請け合いです。

    自動車を維持するための費用の内訳を見てみると、二年に一度の車検代や毎年かかる自動車保険や自動車税、アパートなどなら駐車場代も別にかかるケースがほとんどでしょう。

    以上の合計金額を計上すると、1年間で数十万円もかかってしまう場合も見られるのです。

    近頃販売されている車は買った当初からカーナビが付いているものが多くなりました。

    カーナビが標準装備になったことで、カーナビが付いていてもあまり査定額が高くなることはなくなりました。

    後付けで高額なカーナビを取り付けているようなケースに限って言えば評価してくれる可能性が高くなります。

    簡単に取り外しが可能なカーナビゲーションシステムであったならば、見積もりをしてもらう前にあらかじめ外してカーナビだけ別にしてオークションで売ることも良い方法でしょう。