トップページ

    このサイトでは車の出張査定をしてくれるおすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「車の出張査定をしてくれるおすすめの車買取業者はどこ?」ということが気になっている場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者を利用してみてください。

    自動車の買取査定であなたの車の高額査定を実現するために大切なことは、「いくつかの車買取業者に買取査定の依頼をして高く売却できる業者を見付けること」です。
    手間がかかるという理由で1つの店舗だけに買取査定をお願いしたり、近くのディーラーで下取りをしてもらったりというのは楽な反面、買取業者の間で査定額が競り上がらないので間違いなく損をします。

    自動車買取の一括査定サービスであれば、入力も数分で終わるくらい簡単ですし、実車査定時の出張査定も無料です。しかも、複数の車買取業者が提示してくれる査定額を比べることができるので、あなたの車を高く買い取ってくれる業者が見つかります。

    出張査定を利用すれば、時間もガソリンも走行距離も節約できますよね?いくつかの買取専門店に出張査定を依頼して、あなたの愛車を1円でも高く売りましょう。
    カーセンサー

     カーセンサーは、大手企業のリクルートが運営する中古車の相場が比較できる一括査定サービス。中古車といえばカーセンサーという人もいるくらい知名度抜群なので安心感も抜群です。
    提携業者も1000社以上とダントツ№1!最大で50社に車の査定依頼をすることができます。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼するといつくかの車買取業者から営業電話があることもあるのですが、カーセンサーの場合はメール連絡を選択すれば電話がかかってこないので安心です。
    勿論、地方でも出張査定に対応していて無料です。

    「できるだけ車を高く売りたいから買取相場を知りたいけど、営業電話は受けたくない…」ということならメール連絡で査定額を提示してくれるカーセンサーが一番オススメ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力完了と同時にあなたが乗っている車の買取相場が分かる上に、個人情報が他社に渡らないので、電話連絡はユーカーパックからの電話1本のみという今までにない新しいサービス。

    最大2000社の車買取業者がオークションで概算価格を入札するので、数年落ちの中古車でも高く売れる買取業者が見つけられます。

    昔からある車査定の一括サイトなら、申し込むと複数の会社から電話で連絡があるのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックを使えば電話がかかってくるのは1本だけなので、電話の嵐に対応する必要もありませんし、しつこいセールスを受けることもありません。
    出張査定も無料で実車査定はガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    電話も査定も1回のみで約2000社の車買取業者がオークション形式で買取価格を提示してくれる今話題の新サービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国での利用者数が一番多い車査定一括サイト。たった45秒あれば入力が完了しますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の概算買取相場が表示されるので、「今自分が乗っている車の買取相場ってどれくらい?」と感じているならおすすめです。

    申し込みをした後はいくつかの会社から電話がかかってきますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査をクリアした厳選された業者だけが登録しているので、強引な営業をされることはありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社だけで即決せずに、複数社に出張査定をしてもらうことで中古車の高価査定が可能になります。

    最大10業者が中古車の査定額を出してくれるので、一番高い金額を提示してくれた買取店にあなたの愛車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグに中古車の査定相場が分かる数少ない一括査定サイトの一つ。
    提携業者も約220社と多く、その中から最大で10社があなたが愛用した車を査定します。

    いくつもの車買取業者に査定してもらうことで買取業者ごとの査定額を比較することが可能になるので、いつくかの車買取業者に出張査定をお願いして長年大切にしてきた自動車を1円でも高く売りましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、カスタマーサポートも対応してくれますので安心して利用することができます。






    楽天オート

     楽天オートは、その名前の通り楽天グループが運営している車買取の一括査定サイト。
    車の買取査定の申し込みをするだけで楽天5ポイント、出張査定をしてもらって売却が決まったらさらに1500ポイントが付与されるので楽天ユーザーには嬉しいサービスになっています。

    長年愛用してきた車を高額買取してもらって、しかも楽天ポイントが貰えるというのは嬉しいところ。
    提携先会社は100社以上と他の買取業者と比較すると少ないですが、最大10社が中古車の査定金額を提示してくれますので、気になる買取専門店に出張査定を依頼してあなたの愛車を1円でも高く売りましょう。

    公式サイトではデーラーの下取り価格と一括査定を利用した時の価格の違いが分かりやすく表示されているので、気になる場合はチェックしてみてください。







    これから売ろうとしている中古車の見積額を下げてしまう主要な原因は幾つか存在しますが、大幅に査定額を低下させる原因のもっともたるものは、その車に修理歴があることです。

    ものによっては査定金額が付かないところまで下がることもあることを知っておいてください。

    でも、故障および事故で修理したことがあると絶対的に修理歴車と呼称されるわけではなくて、車の骨格部分まで損傷が広がっていて、その損傷を修理したものが「修理歴車」です。

    過去に修理を行った形跡がある車を修理歴車と呼びます。

    この修理歴車は車の見積もりの際に大々的に減額される要因となってしまいます。

    しかし、修理したことがある全部の中古車が修理歴車として扱われるというわけではないのです。

    車の骨格に相当するところまで修理されていなければ、車体やドアなどを板金で直してあっても修理歴車という扱いを受けることはないのです。

    ただ、「修理歴車」として扱われなくても、査定時に修理した履歴がある車は見積額を低くされてしまうことも多いに考えられます。

    インターネット上には複数の業者に中古車を一括査定できるサイトがあります。

    そして、その中には、名前を明記しなくても査定をお願いできるものもあるのです。

    査定をお願いしても結果が分からないのでは駄目なので、電話やメールは記載しなければなりませんが、できれば最小限の個人情報しか教えたくないケースでは良いでしょう。

    メールアドレスや電話番号すら明かさずに相場金額を見たい時には、メーカーのホームページで所有する車の車種や年式などを入力すると、おおよその相場を知ることができます。

    参考価格が分かると言っても、ザックリしたものでしかありませんから、個々の車の事情を加味したものではないので、あまり参考にはならないことでしょう。

    車を売るならまず下準備を整えておくと、急に実車査定ということになっても落ち着いていられますし、より良い値段をつけてもらえることも多いです。

    手軽なところで掃除から始めるといいでしょう。

    もし改造パーツを取り付けているのでしたら、純正パーツを保管してあるのなら本来の姿に戻しておくべきです。

    メーカー純正パーツの車というのは買取り査定では加点評価してもらえるからです。

    他には、もし査定から売却までの期間を縮めたいのであれば、事前に印鑑証明や納税証明書など必要書類を揃えておくと良いです。

    普段使っている車を売る際は、次の車が納入されるまでに時間的な差があるというのは珍しいことではありません。

    なければないなりに過ごせる人はいいのですが、どうしても車が必要だという人の場合は一時的でも代車の手配をお願いしなければいけません。

    けれどもすべての中古車取扱業者が代車手配を当然のようにしてくれるわけではないのです。

    次の車の納車まで間が空きそうなら、買取査定をお願いする時に代車手配が可能かどうか会社ごとに聞いておくと良いでしょう。

    個人所有の車を手放すにあたり選択できる手段は、カーディーラーに下取りに出す方法と、中古車屋への売却でしょう。

    中古車として売却するのであれば同時に複数の買取店に査定依頼を出すことで金額を競わせ、おのずと高額買取りも期待できるでしょう。

    その対極にあるのがディーラーによる下取りですが、この場合は競合する相手がいませんから安く見積もられてしまう可能性もあります。

    とはいえ、同じ店舗で売却も購入も済んでしまうというのは魅力的です。

    その時の状況にあわせて柔軟に選択すると良いでしょう。

    中古自動車売却に関して言えば、車庫証明の書類はとくに必要とされません。

    しかし、新しく自動車を購入した際には、車庫証明を取得する手続きを行う必要があるのです。

    これに関しては、自動車販売店が代わりに手続きをやってくれる場合が多いですが、個人が車庫証明を取得に行ってもOKです。

    少々手間がかかるとはいえ中古車販売店に支払う手数料分が節約可能になるので、自分で行っても良いでしょうね。

    手続きをするときには、前に乗っていた車はどうなったか説明しないといけないので、手続きに行く際には売買契約書を忘れずに持参して下さい。

    いままで乗っていた車を売るために最近見かけるインターネット一括査定システムに登録すると、やたらと営業電話がかかってきて驚きますし、度が過ぎれば対応しきれないこともあります。

    対応する手間と時間を省きたいのでしたら、各社からの連絡先に電話ではなくメールを指定できるサイトに最初から絞ることです。

    ひどい営業マンに当たると昼夜区別なくこちらの状況を無視した電話をしつこくかけてくる例も実際にあることですし、連絡先をメールにしておくと、生活や業務に支障を来すこともないでしょう。

    自動車を売却する際には書類が何点か必要になります。

    でも、車に関連した書類をなくさずにきちんと全部管理していて、プラス住所や苗字の変更がないのであれば、印鑑証明書だけ新しく取得すればOKです。

    また、印鑑証明書は車を売却する際だけではなくて車を買うときにも必要になってくるので、2枚同時に取ってくると手間が省けて賢いですね。

    印鑑証明書は取得した日から3ヶ月間は有効です。

    車を売ることを思い立ったらすぐに取りに行くようにすれば、あとから売買の手続きがスムーズに行くことを実感できるでしょう。